返済方法

公的教育ローンを組むにあたっては、返済方法を決める必要があります。返済方法としては、元利均等返済が一般的ですが、借入先によっては次のような返済方法を選べる場合もあります。

  1. 元金据え置き
    在学中は元金を据え置いて、利息の返済だけを行う方法です。卒業後に子どもが就職することが決まっているならば、この方法で在学中の返済額を少なく押さえることが出来ます。
  2. ボーナス併用返済
    毎月の返済を行う一方で、ボーナス月(正確には6ヶ月ごと)に返済額を増やす方法です。